ころりんの手作り手記

手作りものの紹介と、データの記録です。

前回記事の「広幅x4mの生地で何作る?」の続きです。

子供用に、ノースリーブワンピースを作りました。肩はうさぎの耳みたいになっていて、結んで止めます。娘の希望で丈を長くしまして、すとんと落ちてかわいい形になりました。

P1160105
これだけで着るとまだ大きいというサイズに仕上がっているので、下にTシャツを重ねて着ます。親子で着ていると派手ですよね(笑) 

その後の話ですが、この生地への憧憬はこれだけで終わらず、買い足しました。もう一着大人ワンピースを作り、リゾート地へ出かけることの多い方へプレゼントしたかったからです^^ もう手渡し済みで、リゾートで映えると思って喜んでもらえていたら本望ですし、リゾートホテルでの室内着になってたとしてもそれはそれでいいかと思います。

エチノのシード(echino, seed)は、昨夏にお店で見て、さわって、一目惚れした生地でした^^ 

もう出会えたことがとにかく嬉しくて、広幅だけど4m買ったんです。なにを作ろうか決まってなかったので、とりあえず4m!という買い物でしたが、洋裁上級者からすれば、なんでそんなにいるの?って量ですよね、きっと(笑)実際、その後もお店で服地を買う際に迷ったときは、4mで!とカットをお願いして買っているのですが、店員さんが「え?4m?」という顔をされたり、聞き返されたりします。

水通ししてから干すにしても、たしかに4mは長すぎたかも、やはり2mか3mでいいのかも・・・と思ったりします^^; でも、半分に折ってゆっくり乾かせば、2mで買ったのとあまり変わらないではないですか?!

前置きが長くなってしまいましたが、そのエチノの綿麻で作ったワンピースです。
P1160107
色柄が引き立つかなと思って、カーディガンと合わせてみました。


上はこうなっています。
P1160106
全体に紺色のミシン糸で縫っていき、襟ぐりをバイアスパイピングで仕上げたときに、これはいかん、せっかくこの色柄を襟もとに持ってきたのに、紺糸で襟元がふちどられるのはいただけない!とやりなおした経緯があります。紺地の部分は紺色で、黄緑やアクアブルーx白の絵柄部分には白に糸を変えて縫い直しました。
タックは前後に入っています。囲み製図で、自分で方眼紙に製図した際、身幅の調整を少ししましたが、それでもちょっと幅広に仕上がりました。

製図の仕方は、KOKKAさんのブログで掲載されています(ハビタットという生地で作られているタックワンピース)。

さて、広幅の生地4mで、このワンピースだけを作ったわけでないので、次に作ったものも次回記事にて紹介します^^








チュールスカートを作りました。
P1160100
白いチュールに水色の布を合わせたいと、娘が選んだ生地です。
娘はまだ低学年ですが、高学年のお姉さん達が長い丈のチュールスカートをはいているのを見て、あんなのがいいなと思ってたのでしょうか^^ 丈もいろいろ注文をつけてきまして、結構長めの出来上がりです。ウエストゴムは3本いれました。

ゴムを入れるまえの平置き。
P1160098

表布に使ったソフトチュールも、裏布に使ったコットンブロードも、耳を裾に使いました。

チュールを自分でカットして裾にするとガタガタのラインになりそうだったし、ブロードも裾を縫わずに柔らかい仕上がりにしたいと思ったからです。裾のラインを縫わずに仕上げて、吉と出るか、凶と出るか、着た時に観察してみようと思います^^


裏布(水色)については、
・幅110cmの布を縦半分にカットし、55cm(半分の布幅)x170cmの1枚から、脇縫い1カ所で輪にして作る
・ゴムを入れる前で、ウエスト=168cm(170-縫い代2cm)
・ウエストベルトは別布にせずに、切った端を三つ折りにして作る
・ウエストベルト部分は4cmとし、7mmのゴムを3本入れる
というようなことを最初に考えて作りました。


P1160097
手前がチュールを挟んで縫った表で、奥に見えているのが裏です。脇を縫う際、もう少し上まで「中表」で縫うと、綺麗な仕上がりになったのですが、ちょっと勘違いして短くなっています。。。

裏返すと、こうなります↓ 
P1160095
サーキュラースカートにせずに、長方形に切った布にギャザーを寄せてつくるスカートにしたので、ウエストがなるだけ分厚くならないように、ウエストベルトを別布にしたくなかったんですよね。その意味では、ちょっとすっきり仕上がったかなと思います。



↑このページのトップヘ