春めいてきて、毛糸を持つ手がとまり、洋裁に目がいってます^^ 

P1160022
洋服を作るにあたって、タックか、ギャザーかという選択肢があれば、タック派です^^

「ソーイングナチュリラ vol.7」(古い雑誌です)より、タック入りプルオーバーを作りました。生地は、薄手シャンブレーで、軽やか。あきのファスナーやボタンはなく、襟ぐりはパイピングだけ、でも胸元があきすぎることはなく、デコルテラインがすっきりして、気に入っています^^ 

編み物とちがって、縫い物は早く形になりますが、洋服を作るとなると、私の場合はこんな日程です。
1日目、型紙作り
2日目、生地の裁断
3日目、ミシンがけ
4日目、仕上げ
作業は、子供が学校に行ってる間の、家事の合間。型紙はダイニングテーブルに紙を広げて作成し、裁断は和室の畳の上、ミシンとアイロンは倉庫部屋から出してきてダイニングで作業、といった風に、段階ごとに場所を移動するし、必要な道具の出し入れなどもあるので、一日で一気に仕上げようとせず、4日間くらいかけて作っています。型紙をすでに作ってあると、作業は1日分割愛できるので3日でできますね。作った型紙で、マイナーチェンジを加えながら洋服を作るのも好きです。 現に、またこの型紙を使って、生地をかえて作ることを今考え中です^^