先日記事にしていた学習机のイス、カバーが完成しました。
P1160044
どうです? 引っ張ってもずり落ちなくなりましたよ。これで子供の学習がはかどることでしょう(希望^^)!

裏はこうなりました。
P1160042
他にもいろんな方法があると思いますが、紐の両端をカバーの端に2点で止め、その紐をボタンにかける方式にしました。 紐でなくゴムを使うというのもアリだと思ったのですが、何年ともたず、伸びきってしまい取り替えないといけなくなるので、紐にしました。紐はあえて、ボタンに届かないように短くしてあります。ボタンにかけるまでの短い距離だけ、細いゴムを使おうと思ったからです。

P1160043

こんな方法にした理由は、①しっかりした太さのある紐をかけるより、細いゴムの方がボタンがしっかりかけられる。②かけ外しが楽。③ゴムが伸びても、手近にあるゴムを輪っかにして、すぐ取り替えられるからです。

ゴムを使いたい場所で、紐とゴムを使ってみるとか、或いは、太いゴムと細いゴムを組み合わせるというのは、結構気に入って使う小技です^^ 機会があればまたお披露目します。


惜しむらくは、紐の取り付けとボタンの取り付けを考えていたのと前後逆にしてしまったことです。2点で止めるのは、やはり後ろにした方がより安定すると思うのですよね。 本当、なんでこんなに不注意なのか、自分にがっくりです。